まんじ鍼灸整骨院

交通事故Traffic Accident

交通事故治療について




交通事故治療

交通事故の場合、自賠責保険により治療費が出るので、治療費や診断書料を負担することは一般的にありません。


~交通事故の3大特徴~

交通事故後の3大特徴


交通事故は、予期せぬときに突然起こるものです。そのため事故直後は、動揺のあまり痛みを感じられていない場合が多々あります。 個人差はありますが、事故後の不快な痛みは事故後の数時間~数日後にかけて出てきて、そのまま放置してしまうと生涯痛みと付き合っていかなければならない体になることもあります。 そうならないために、少しでも痛みや不調を感じたら診察や検査をすることをお勧めします。 交通事故で、むち打ち・腰の痛み・打撲・骨折などの怪我をしたときは、病院(整形外科・救急病院)でしか治療を受けられないと思っている方がたくさんいらっしゃいます。 初めは、病院で診察や検査をしてもらう必要がありますが、その後は整骨院に通院することができます。 整骨院は、柔道整復師という国家資格を有しており、交通事故の怪我の施術ができます。 症状にもよりますが、早期改善を望まれる方は、整骨院に通いながらも1~2週に1回は定期的に病院で診察や痛み止めの薬や湿布などを処方してもらうなど、整骨院と病院の両方を通院されることをお勧めします。



交通事故後の症状



交通事故後のむち打ち、背中・腰などの痛みなど専門の知識を持ったスタッフが施術をさせていただきます。
一人で悩まずにお気軽にご相談ください。


注意点

交通事故後に痛みや不調を感じられたら、すぐに病院や整骨院に行かれてください。すぐに通院することは、損害賠償の観点からもとても大事なことです。
その際に症状はできる限り正確に、全て伝えてください。
先生に伝えた症状が診断書に記載されているか否かで、通院の必要性を判断されます。
通院開始が遅れれば遅れるほど、交通事故の怪我なのか因果関係が疑われることがあります。
また、事故から通院開始まで時間が経ち過ぎてしまうと、警察が人身事故届を受け付けてくれないということもあります。

自賠責保険

自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)とは、すべての車両(車やバイク)に加入が義務付けられた賠償保険のことです。
自動車事故による被害者救済を目的として作られ、人身事故のみの適用で、車両の損害など物損事故では使用することはできません。
傷害による損害では治療費や休業損害、慰謝料などの損害が支払われます。
慰謝料は通院1日あたり4,200円という基準が設定されております。
自賠責保険には120万円という限度額が設定されており、上記の損害が120万円まで支払われます。
総損害額が120万円を超えると、相手方に対して請求することになり、相手方が任意保険に加入していれば保険会社が対応することになります。
相手方が任意保険に加入していない場合でも、ご自身の任意保険(人身傷害保険)で対応したり、被害者請求などで対応できたりする場合があります。